症状を起こしやすい人

.,mnbvmnb

生理何日か前から精神的な症状や身体の不調などの症状が現れて、生理が始まると症状が治まるというPMSですが、症状の現れ方には非常に個人差があるほか、同じ人でも月によって現れる症状が違うなど、実に様々な症状の現れ方をします。

月経を経験している女性の8割以上がPMSを経験しているといわれていますが、まったく症状が気にならない人から仕事や日常生活もままならないくらい重い症状が出る人まで様々です。

PMSはストレスや体調によって症状の度合いが変化してくるため、人によって強い症状が出やすい人と出にくい人がいます。症状が強く現れ安い人たちにはどのような特徴があるのでしょうか。

PMSの症状が強くでやすい人

生理の始まった女性であれば誰もが経験する可能性のあるPMSですが、PMSの症状が強く出やすい人と、全く気にならない人がいます。PMSの症状が強く出やすい人たちの特徴には次のようなものが上げられます。

几帳面、完ぺき主義者、神経質、負けず嫌い、尾のような特徴を持っている人たちは、自分が思ったとおりの行動ができ負かったり、周囲が自分の思ったように動かないとストレスを感じることが多いです。そのためストレスからPMSがつよく出やすいとされています。

疲れが取れにくい人や免疫力が低下している人、体力がない人などは、元々体力がないところに様々な症状が降りかかってくるため、自分のPMSの症状を受け止め切ることができず症状が重くなると考えられます。

自律神経のバランスが乱れている人は、PMSの症状も自律神経系の症状が現れることが多く、通常でもイライラや焦燥感を感じているのに、ますます強く感じるようになります。

特に几帳面な人や神経質な人、嗜好品を摂取する量が多い人などはPMSになりやすい傾向があると分かっているため、このような傾向にある人は注意が必要です。